【朝食が美味い!】ヒルトン東京ベイ宿泊記をブログで解説【屋内プール・ジムも】

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです!

    

今日の記事では、先日東京ディズニーリゾートに行ったときに宿泊した「ヒルトン東京ベイ」の宿泊記をブログで紹介します。

ヒルトン東京ベイは、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルなので、ディズニー好きな方にとっては非常に便利なホテルです。

このホテルの魅力は次の7点です。

ヒルトン東京ベイの魅力

・ホテル内で東京ディズニーリゾートのパークチケットを購入することができる。

・東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルなので、モノレール駅「ベイサイドステーション」までの無料シャトルバスがある。

・ホテルのショップ「ディズニーファンタジー」でお土産やグッズを買うことが出来る。

・舞浜駅前の「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で預けた荷物をホテルまで運んでくれる。

・朝食ビュッフェが超美味しい。

・24時間使えるフィットネスジムがある!フリーウエイトやランニングマシンもあるのが非常に嬉しい。

・朝6時から夜の22時ごろまで使える屋内プールがある!

それでは、早速やっていきましょう!

👉 ヒルトン東京ベイ公式サイトはこちらから

「ヒルトン東京ベイ」の場所

ヒルトン東京ベイは、首都高速浦安インターチェンジを出て、東京ディズニーリゾートのすぐ隣にあります。

ヒルトン東京ベイ
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-8
TEL: 047-355-5000 FAX: 047-355-5019 

フロント近くのキッズエリア

フロントの隣にキッズエリアがあり、子供を遊ばせておくことが出来ます。

親がチェックインしている時に子供が遊べるので退屈しないで良いですね!

ビデオも常時上映されていて、今回はアナ雪とピーターパンがやっていました。

ヒルトン東京ベイの駐車場

ヒルトン東京ベイは355台収容の駐車場があります。

1台につき 「1泊」 3,100円「2泊」 4,700円 「3泊以上」 6,300円と、結構高めの設定ですが、東京ディズニーリゾートの駐車場よりは安いのでヒルトン東京ベイに宿泊する場合は、ホテル駐車場に駐車したほうが良いでしょう。

駐車場精算機は現金しか使えないので注意です。

ちなみにヒルトンオナーズのゴールドメンバー以上だと駐車場が無料になるサービスを行っています。

ホテル1階にコンビニ「ローソン」があって便利

ホテルの1階にコンビニのローソンがあります。

品揃えはかなり充実しています。

ディズニーキャラクターのボトルや、おむつ・乳幼児用おやつ・ミルクなどのベビー用品も揃っています。

お酒もかなりの種類が販売されていました。ホテル1階にコンビニがあるのはめちゃめちゃ便利で良いですね。

なぜか銚子電鉄のぬれ煎餅も売っていました。美味しいですよね。

1階のディズニーショップ「ディズニーファンタジー」

出典:ヒルトン東京ベイ

ホテル1階にはディズニーのキャラクターグッズやお土産が売っている「ディズニーファンタジー」があります。

東京ディズニーリゾートの中だと非常に混んでいるので、ホテル内のショップで買うと、ゆったりとショッピングできて便利ですね。

ヒルトンツインに宿泊!

今回はヒルトンツインのオーシャンビューの部屋に宿泊しました。

東京ディズニーリゾートが見える「パークビュー」の部屋もあります。

部屋には壁掛けのテレビ、ソファが3台置かれています。

オーシャンビューなので、窓を開けると東京湾が一望できます。朝焼けや夜景が最高に奇麗でした!

部屋の飲み物は緑茶とインスタントコーヒーが用意されています。

コーヒーフレッシュとシュガー、ノンカロリーシュガーもあります。

バス・トイレは一緒のタイプです。

アメニティは歯ブラシ、髭剃り、ボディローション、石鹸、シャンプーネット、櫛など必要十分なものが揃っています。

お風呂にはシャンプー、ボディーソープ、コンディショナーがセットされています。

クローゼットにはアイロン、アイロン台、ルームウェア、スリッパ、ハンガーがあります。

小さい子供が落ちないように、ツインベッドをくっつけてベッドガードも取り付けてもらいました!

フロントにお願いすれば無料で対応してくれるので、小さい子供連れの方には助かりますね。

フィットネスジムと屋内プールが最高

ヒルトン東京ベイには宿泊者が無料で使えるフィットネスジムと屋内プールがあります。

トレーニング好きの方にはこの施設はめっちゃオススメです!

自分は今回2泊したのですが、フィットネスジムも屋内プールも両方楽しませてもらいました。

フィットネスジムは非常に奇麗で、設備もかなり新しいです。

自分が利用したときはかなり空いていました。

個人的にかなり気に入ったのがフリーウエイトが用意されていることです。

スミスマシンがあるので、ベンチプレスやスクワットもできます。

冷水機も準備されています。

屋内プールは17mの大きさで3レーン用意されています。

自分が利用した時はお客さんは自分だけでした!

水温が常時30度に設定されているので、快適に泳ぐことが出来ます。

水泳用キャップの着用が義務付けられていますが、ジムの受付で無料レンタルできます。

出典:ヒルトン東京ベイ
マツナガ
マツナガ

プールは平日6時から22時までやっているので、ディズニーリゾートで楽しんだ後やチェックアウト前に楽しませてもらいました!

     

ちなみにこの屋内プール、水遊び用のオムツをした上に水着をれば、オムツが取れていない子でも遊ぶことができます。

オムツが取れていない乳幼児の子供でも楽しんで遊ぶことができるので、子供連れのファミリーにも非常にオススメです!

ヒルトン東京ベイの朝食ブッフェは美味しい!  

ヒルトン東京ベイの朝食は非常に美味しかったです!

がんもの煮物と焼き魚

朝食はブッフェ形式で、和食・洋食メニューともにかなり多くの種類が用意されています。

個人的には洋食メニューが非常に美味しかったです。

納豆、蕎麦、豆腐などの和食もあります。

玉子焼きやおからもあります!子供がおから好きなので助かりました。

サラダの野菜も種類豊富です。

チキンのスモークハムとロースハム、チーズ、スモークサーモンなどなど。サラダの付け合わせに。

アラビアータ、グリルトマトなど野菜も多いです。

みんな大好きベーコンとスクランブルエッグ

オムレツはお願いすると作ってくれます。具が選べるのが良いですね。

具は全部入れてもらいました!

非常にトロトロで美味しいオムレツです。

ケチャップで食べても美味しいですが、洋食メニューにあったラタトゥイユをかけて食べても美味しかったです。

シリアルもオススメです。

ドライフルーツがたくさん用意されていて、豪華なシリアルを食べることができます。

シリアルは6種類用意されていました。

チョコワ、フルーツグラノーラ、ブランフレーク、コーンフレーク、コーンフロスティ、グルテンフリーミューズリーから選べます。

ミルクも豆乳、普通のミルク、低脂肪乳から選べます。

パンも種類豊富で選ぶのが楽しかったです!

トースターがあるので、焼いて食べることもできます。

個人的に嬉しかったのが、ジャムやピーナッツバター、チョコレートクリームなどのパンに塗って楽しめる甘いものの種類が豊富に用意されていたことです。

これが美味しすぎてパンを6つも食べてしまいました!

ヒルトン東京ベイの朝食は子供用のメニューも充実しています。

スマイルマークのポテトフライ、オニオンリング、たい焼き
ミートボールとミックスベジタブル

子供用のエプロンと食器も用意されているので、小さい子供がいるファミリーにも嬉しいブッフェとなっています!

まとめ

今日の記事では、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」を紹介しました!

ヒルトン東京ベイの魅力

・ホテル内で東京ディズニーリゾートのパークチケットを購入することができる。

・東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルなので、モノレール駅「ベイサイドステーション」までの無料シャトルバスがある。

・ホテルのショップ「ディズニーファンタジー」でお土産やグッズを買うことが出来る。

・舞浜駅前の「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で預けた荷物をホテルまで運んでくれる。

・朝食ビュッフェが超美味しい。

・24時間使えるフィットネスジムがある!フリーウエイトやランニングマシンもあるのが非常に嬉しい。

・朝6時から夜の22時ごろまで使える屋内プールがある!

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

東京ディズニーリゾートパートナーホテルの「ホテルエミオン東京ベイ」もオススメです。

👉 【朝食&温泉が最高】ホテルエミオン東京ベイ宿泊記【ブログで解説】

東京ディズニーランドの美味しいカフェ、スウィートハートカフェのグルメ記はこちらの記事を参照してください。

👉 スウィートハートカフェのマイクメロンパンがマジで美味しい!【メニュー・席も紹介】

東京ディズニーランドの和食レストラン「れすとらん北斎」についてはこちらの記事を参照してください。

👉 れすとらん北斎のおすすめメニューを紹介!【お子様セットもあるよ】

子連れでの温泉には部屋に温泉がついている「ラフォーレ伊東温泉湯の庭・プレミアムルーム」がオススメです。

👉  ラフォーレ伊東温泉湯の庭・プレミアムルーム宿泊記