【簡単レシピ】ざくざくリンゴジャムの作り方!【おすすめの食べ方も紹介】

こんばんは!

今日は、簡単に作れる、ざくざくリンゴジャムの作り方のレシピを紹介しようと思います。

マツナガは、毎年、青森県の五所川原市というところに「ふるさと納税」して、りんごを貰っています。

今年は、「葉とらずりんご」という栽培方法の「サンふじ」品種のリンゴを貰いました!

「葉とらず」という栽培方法は、その名の通り、リンゴの葉っぱを取らないで栽培する方法です。

葉っぱを取らないことから、リンゴの実には均一に日光が当たらないので、見た目の色づきはあまりよくないのですが、その分、葉が光合成して栄養をたくさん実に送ってくれるので、味はとても良くなるとのことです!

生食してもとっても美味しかったです

今年は10kgも頼んでしまったので、冷蔵庫を圧迫しまくっていました。

なので、リンゴを少しでも消費しようと、今回はジャムにしてみようと思います。

マツナガ
マツナガ

私は毎朝トーストを食べるので、ジャムを作ったら毎日消費しますからね!

   

ということで、早速やっていきましょう!

今日の記事はこんな人に向けて書いています

・簡単に自作リンゴジャムを作りたい人

・リンゴが余っていて、消費に困っている人

・糖度が低めのジャムを作りたい人

材料紹介

材料紹介(瓶2本分、調理時間40分)

・リンゴ・・・3個(800g、種類は何でも良いと思います。今回はサンふじ)

・柑橘系果汁・・・大さじ3(今回はカルディで買ったシークワーサー果汁)

・砂糖・・・240g(リンゴの重量の30%程度)

・ジャムを入れる用の瓶(熱湯で消毒しておきましょう

今回は健康を考えてきび砂糖を使いました。

材料の切り方

リンゴだけ

リンゴは8等分に割った後に、いちょう切りにしました。切り方はお好みでなんでもよいと思います。今回切るのはリンゴだけですね!

自分はリンゴの皮の栄養も取りたいので、皮は向かない派です。楽だしね。

皮が気になる方は、皮をむいてください。

調理開始

調理はとっても簡単です。

使っている鍋は、ティファール、インジニオ・ネオです。

レビュー記事👇

まずは、鍋にリンゴと砂糖を入れて中火にかけます。

焦げ付かないように、混ぜていきましょう。

だんだんと砂糖が溶けていきます。

砂糖がこのくらいになったらOK

砂糖が溶けて、👆の画像くらいになったら、蓋をして弱火にします。

蓋をします。

この状態で、30分間煮詰めていきます。待ってる間はマンガ読んだりYouTube見たりしてましょう。沸騰に注意してね!

沸騰したら要注意

沸騰してきたら、吹きこぼれやすいので、適宜蓋をずらしたりして調整してください。

こんな感じで吹きこぼれやすいので注意してください

煮込み始めてから、25分くらい経ったら柑橘系の果汁を入れていきます。

今回はシークワーサー果汁を使いましたが、レモン、ゆず、ライムなど酸っぱい系の柑橘系果汁なら何でも大丈夫な気がします。シークワーサー果汁は美味しかったです。

果汁を入れる

今回は甘い品種の「サンふじ」なので、大さじ3杯いれましたが、酸っぱい系の品種の場合は大さじ2杯くらいでも大丈夫だと思います。好みに応じて調整してください。

30分経過

30分経過して、👆の画像くらいに煮詰まったら完成です!

熱いうちに瓶に移し替えましょう。

まとめ&おすすめの食べ方

今回作った「ざくざくリンゴジャム」のおすすめの食べ方を紹介します。

まず、食パンの上に生ハムを乗っけて、トースターで数分トーストします。

その上に今回作ったリンゴジャムを乗っけると・・・

うんまいよ

生ハムのしょっぱさと、リンゴジャムの甘さが絶妙にマッチして、とても美味しいです!

私は、このジャムがあるうちは毎朝このトーストを食べています(笑)

他にも、バニラアイスの付け合わせにしたり、紅茶に入れてフルーツティーにしたり、色々な利用方法があるので、皆さん是非試してみてくださいね!

フルーツティーも美味しいです。

といったところで今回は終わりです。

今日の記事はいかがだったでしょうか?

また次の記事でお会いしましょう!