【オイスターソースが決め手!】無限中華丼の作り方!【お弁当にも】

  

こんにちは!マツナガです。

   

今日は、私が世界で一番愛していると言っても過言ではない、オイスターソースが決め手の「中華丼」の作り方を紹介します!

野菜、肉、エビなどの具材が何種類も入っていて、醤油、鶏ガラスープ、オイスターソースのコクが感じられ、ごま油の香りが食欲を誘って、ご飯にとっても良く合いますよ。

私が食べるときにレンゲが止まらないので、勝手に無限中華丼と名付けました(笑)

冷蔵庫に入れておけば、2日くらいは日保ちしますので、お弁当にも最適です。

    

中華丼って美味しいけど、家庭で作るのはちょっとハードル高くないかしら?

      

こう考えている人もいると思います。実際私の母も、家で中華丼は作りませんでした。

子供の時から中華丼がめちゃめちゃ好きだったのですが、何故か母にはリクエストしたことはありませんでしたね。

今回作る中華丼は、家庭でも簡単にできますので!安心してください!

一度作ってしまえば、中華丼に対する「家庭では作るのが難しいかも・・・」というイメージが無くなると思いますよ!

それでは、早速やっていきましょう!

材料紹介

材料紹介(5~6人分、調理時間30分)

【具材】

・白菜・・・6枚

・しいたけ・・・4個

・人参・・・小1本

・乾燥キクラゲ・・・5枚

・玉ねぎ・・・中1個

・豚肉小間切れ・・・200g

・冷凍エビ・・・6尾

【豚肉下味用】

・酒・・・大さじ1

・ショウガすりおろし・・・1かけ

・塩・・・小さじ1

【スープ】

・水・・・600mm

・酒・・・大さじ2

・醤油・・・大さじ2

・鶏ガラスープの素(顆粒)・・・大さじ2

・オイスターソース・・・大さじ1

【とろみ付け】

・片栗粉・・・大さじ4(お好みで調整してください)

・水・・・大さじ4(お好みで調整してください)

【香り付け】

ごま油・・・適量

具材はこんな感じです

今回は、お弁当の分も作るので、私の家族と併せて5~6人分作ります。

半分の量にすれば、3人分くらいです。

私はウズラの卵が好きなので、中華丼には入れたい派なのですが、一番上の子が苦手なので入れません・・・。

ウズラの卵が苦手でない人は、入れたほうが絶対美味しいです!

材料の切り方・下準備

エビ解凍中

白菜は3cmくらいのざく切りにします。

玉ねぎは半分に切って、5mmくらいの半月切りにします。

シイタケはいしづきを取り、3mmくらいの厚さで切ります。

人参は横に3等分してから、4cmくらいの短冊切りにします。

豚肉は小間切れなので切りません。下味用のすりおろしショウガと酒(大さじ1)と塩(小さじ1)と混ぜ込んでおきましょう。

冷凍エビは水で解凍しておきます。解凍できたら、キッチンペーパーで水気を取っておきましょう。

キクラゲは水で戻して、一口大の大きさに切ります。

スープの下準備

大き目のボウルに、水600mm、酒大さじ2、醤油大さじ2、鶏ガラスープの素大さじ2、オイスターソース大さじ1を混ぜ合わせて、スープの準備をします。

お湯で作ると、鶏ガラスープの素やオイスターソースが溶けやすいですよ!

調理開始!

 

今回は中華鍋を使います。

中華鍋は一度買ったら、フライパンと違って何年も保ちます。

麻婆豆腐、エビチリ、中華丼、揚げ物、チャーハンなどを作る際に色々使えますので、料理好きな方は1つは持っておいた方が良いかと思います。

  

中華料理は中華鍋で作った方が美味しそうに見えますよね!

    

もちろん、フライパンでも調理可能ですが、具材が多いので大き目のものを用意しましょう!

      

相当長く使っている中華鍋

まず、油を引いた中華鍋を熱します。

中華鍋が温まったら、下味をつけた豚肉をショウガごと入れ、白く火が通るまで炒めます。

堅い野菜投入

豚肉に火が通ったら、人参、玉ねぎ、白菜の堅い部分といった、火の通りにくい野菜を入れて炒めていきます。

全体的に油が回ったら・・・
柔らかい野菜投入

堅めの野菜に油が回ったら、白菜の柔らかい部分とシイタケを入れて炒めます。

柔らかい野菜に油が回ったら、エビ投入

柔らかい野菜に油が回り、しんなりしたらエビを投入します。エビは炒めすぎると固くなってしまうので、このタイミングで入れます。

エビと同時にスープ投入
スープを入れたら、蓋をして煮込みます

エビと同時にスープを入れ、蓋をして沸騰するまで煮込んでいきます。

この間に、「とろみ付け」の水(大さじ4)と片栗粉(4)を混ぜ合わせておきましょう。とろみの強さはお好みで変えてください。自分はとろみが強い方が好みです!

スープが沸騰したら、一旦火を止めて徐々に「とろみ付け」を入れていきましょう。

注意

とろみ付けの液は、一度に全部入れるのではなく、全体をかき混ぜながら、徐々に入れていくのがコツです!とろみが足りないと思って後で片栗粉を足すと、ダマの原因になるので、ここで一発で決めましょう!

「とろみ付け」を入れたら、再度火をつけて、とろみがつくまで熱します。

とろみがついて、再度グツグツいってきたら、最後に香りづけの「ごま油」を適量加えます。

大さじ1くらいで良いかと思います。

ちなみに、ごま油を加えることで、出来上がりの美味しさが体感20パーセントくらい変わる気がします。香りが抜群に変わってきますので、ごま油は必ず入れましょう!

   

 

こんな感じでとろみがついて、ごま油を加えたら完成

ごま油を加えたら「無限中華丼」の完成です!

器に盛っていただきましょう!

付け合わせは、以前レシピで上げた「トマトのうま味たっぷりおひたし」です。

簡単で保存もきくので、是非お試しください。

作り方はこちら👇

まとめと感想

   

今回の「無限中華丼」を作って食べてみた感想なんですが・・・。

激ウマです。

具材がたくさん入っているので、ダシがたっぷりスープに出ているのと、ごま油の食欲を誘う香り、そしてオイスターソースのコクが混ざり合って、レンゲが止まりません!

豚肉も下味がついていて美味しいですし、エビも熱を通しすぎていないのでプリプリです。

あとはウズラの卵が入ってたらな~・・・。そしたら言うこと無しなんですが・・・。

ちなみに、お米と一緒にタッパに詰めれば、中華丼弁当の完成ですので、作り置きにも最適です。2日くらいであれば、冷蔵庫で保存しておけば美味しく食べられます。

大変おススメのレシピですので、是非一度試してみてくださいね!

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!