HARIO(ハリオ)の急須「茶茶急須丸」が大容量で便利!

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです。

      

今日の記事では、私が愛用しているHARIO(ハリオ)の「茶茶急須丸」を紹介したいと思います。

HARIO(ハリオ)は1921年から創業100年以上の日本のガラスブランドです。

創業当初から耐熱ガラスの企画・製造・販売を行い、日本で唯一、耐熱ガラス工場を保有しているメーカーです。

歴史の長い日本のブランドで、耐熱ガラスの製造においては非常に信頼性が高い会社となっています。

👉 HARIO公式サイトはこちら

茶茶急須丸のメリット

・700mlの大容量
・1300円前後の価格でコストパフォーマンスが高い
・透明な耐熱ガラス製なので、中身が見える。お茶やコーヒーの濃さを調整するのに非常に便利。
・食洗機に入れて丸洗いすることができる。
・カリタの102ドリッパーがスッポリとはまるので、コーヒーサーバーにもなる!

それでは、早速やっていきましょう!

     

茶茶急須丸の良いところ

700mlの大容量

茶茶急須丸の容量は、300ml、450ml、700mlの3種類があります。

この中では、圧倒的に700mlがオススメです。急須としてはかなりの大容量です。

マグカップいっぱいにお茶を飲みたかったり、お客さんにお茶を淹れたり、容量が多いと便利な時が多々あります。

大は小を兼ねるので、1人暮らしの方以外は700mlを買いましょう。

食洗機に入れて洗うことができる!

食洗機対応なので、丸洗いできます。

衛生的にも良いですし、食洗機で洗えて楽なので非常に便利です。

耐熱ガラス製なので、中身が見える。

茶茶急須丸は耐熱ガラス製なので、透明で中身が見れます。

これがめちゃくちゃ便利!お茶の濃さを調整するときに目で見て確認することができます。

コストパフォーマンス抜群

これだけ便利な点が多くあるのに、価格はAmazonで約100円前後で購入することができます。

急須の相場は大体2000円~3000円以上の値段がするので、茶茶急須丸はコストパフォーマンス抜群です。

メーカーの定価は約2800円程度なのですが、Amazonで定期的に割引しているので、購入する場合はAmazonが一番おすすめです。

茶茶急須丸はコーヒーサーバーにもなる!

個人的に最も気に入っているのが、茶茶急須丸はコーヒーサーバーにもなるところです。

こんな感じでカリタの102ドリッパーがスッポリとはまるんです!

急須とコーヒーサーバーの2役ができるので、めちゃめちゃ便利です。

抽出されているコーヒーの量や色が一目瞭然なのも良いですね。

コーヒーを淹れた感じも非常に美味しいです。金属を使用していない天然素材100%の耐熱ガラスなので、風味を邪魔することもありません。

容量が700mlあるので3~4人分くらいのコーヒーであれば余裕で淹れることができます。

       

スターバックス・パイクプレイスローストを飲んだ感想についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【飲み方も解説】コストコで買えるスターバックス・パイクプレイスローストの感想

めちゃめちゃお得なスターバックス福袋2022についてはこちらの記事を参照してください。

👉 『スターバックス福袋2022』の中身を紹介します!【福袋の内容を解説】

コストコで買える【カークランド】コロンビアコーヒーのレビューはこちらの記事を参照してください。

👉 コストコの【カークランド】コロンビアコーヒーはアイスで美味しい!

まとめ

今日の記事では、HARIO(ハリオ)の「茶茶急須丸」を紹介しました!

HARIO(ハリオ)「茶茶急須丸」のまとめ

・700mlの大容量
・1300円前後の価格でコストパフォーマンスが高い。
・透明な耐熱ガラス製なので、中身が見える。お茶やコーヒーの濃さを調整するのに非常に便利。
・食洗機に入れて丸洗いすることができる。
・カリタの102ドリッパーがスッポリとはまるので、コーヒーサーバーにもなる!

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

     

スターバックスとカークランドのコラボ商品「カークランド・ハウスブレンド」についてはこちらの記事を参照してください。

👉 コストコで買えるスターバックスのコーヒー豆「ハウスブレンド」を紹介!