【職場で評価爆上げ】おすすめの差し入れ駄菓子9選!【Amazonで定番駄菓子】

マツナガ
マツナガ

こんにちは、マツナガです!

    

今回の記事では、職場に差し入れとして持っていくのにオススメの駄菓子を紹介します!

忙しい職場の、ちょっとしたオアシス・・・・・。

それはお菓子。

業務の合間にお菓子を食べれば、その甘さにふと落ち着き、ほっと一息。

糖分補給もできるので、集中力も持続します。

駄菓子の良いところは、その存在自体が話題になることです。

懐かしいきなこ棒、可愛いヤングドーナツ、ザクザクチョコのブラックサンダー。

駄菓子を差し入れで持っていけば、職場の良い雰囲気づくりに大活躍します。

マツナガ
マツナガ

私が消防士だったころは、職場に駄菓子を差し入れで良く持っていきました。

部下ができてから、少しでも職場で息抜きしてほしいと思って買っていくことが多かったですね。

甘くて懐かしくて、駄菓子自体が話題になりますし、みんな喜んでくれました。

   

   

出張所長や分署長になった時に、駄菓子を部下に差し入れると喜ばれますよ👇

それでは、早速やっていきましょう!

ヤングドーナツ

     

これはほんとに美味しい!

小さくて可愛い一口サイズのドーナツが4個パックされています。

パックされたドーナツが可愛い!

小さいけど食べ応えがあって美味しいので、若手の消防士に大人気でした!

ちょっと小腹が空いたときに良いおやつになります。満足感もあって最高の駄菓子の一つです。

きなこ棒

   

香ばしくて優しい甘さのきなこ棒は、ベテランにも若手にも大好評の駄菓子です。

色々種類があるのですが、小分けの袋になっているタイプのきなこ棒が一番手に取りやすくて便利ですね。

お茶によく合うので、朝出勤してミーティングした後に一息つきながら食べていた記憶があります。

消防士の仕事のスケジュールについてはこちらの記事を参照👇

くろ棒

    

スポンジケーキのような生地にサクサクの黒糖がかかっていて、和風ブラウンケーキといった感じのくろ棒。

めっちゃ美味しいです。

大正時代からあるお菓子です。

くろ棒もベテラン・若手問わずに大人気ですね。

30本入りを持って行っても、3日くらいで無くなってました。

ブラックサンダー

     

チョコレートの甘さと、ザクザクのクリスピー生地の絶妙なバランスが美味しすぎる!

誰もが知っているもはや国民的なお菓子ですね。

これもベテランにも若手にも大人気なお菓子でした。

1パックずつ小分けになっているのもポイント高いですね。

コーヒーによく合うので、午後のおやつタイムにもぴったりです。

チョコ棒

      

何本でも食べられる、後を引く美味しさのチョコ棒は大人気です!

サクッと食べられて、飽きが来ない味なので「もう1本・・・・」という感じで止まらなくなります。

1袋30本入りで、大量に入っているので見栄えも良いのがポイント高いです。

ホットケーキ

    

ふわふわホットケーキ生地と甘いメイプルシロップペーストが絶妙!

これも非常に美味しいので、職場に持っていくとすぐ無くなってました。

一口サイズのホットケーキに、もっちりとしたメープルシロップペーストがサンドされています。

うまい棒のメーカー「やおきん」さんが作っているお菓子です。

意外と知っている人が少ないのですが、隠れた名駄菓子です。

どらチョコ

    

どら焼き生地にチョコレートソースがサンド!

チョコレートソースって、どら焼きの生地にも合うんですよね。

こちらの「どらチョコ」も「やおきん」さんのお菓子です。

ホットケーキとは、味が違うので好みに応じて選んでもいいですし、両方買って行って食べ比べしてみるのもよいですね!

ミックス餅

     

つまようじでパクパク!もちもち食感が楽しい、ほんのりフルーツの香りがする餅がたまらない。

この駄菓子も小さいころに大好きでしたね!

つまようじでちまちま口に運ぶのが楽しいお菓子です。

仕事の合間にちょっとした遊び心を楽しめる、美味しい駄菓子です。

1パックでいろいろな味が楽しめるのも良いですね。

ビッグカツ

      

ジューシーで旨い!

おなかが空いているときは非常に嬉しい。

食べ応えのある大きさと、隠し味のカレー風味が特長のビッグカツ。

ご飯のおかずにできるような美味しい味ですよね!

私は小学生の時に大好きでした。

こちらは、若手の消防士が喜んで食べてましたね。若い人にオススメの駄菓子です。

まとめ

今日の記事では、職場に差し入れすると楽しくて美味しい駄菓子9選を紹介しました!

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!