【ブログでインド旅行記③】ヴァーラーナシー編【ガンジス川で沐浴!】

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです!

     

今日の記事では、インド旅行記ヴァーラーナシー編をブログで紹介したいと思います。

インド旅行記シリーズでは、私が10年以上前に友人と1ヶ月間インド・ネパール旅行に行った際の旅行記を紹介したいと思います。

今回は、アーグラから列車でヴァーラーナシーまで移動し、ガンジス川流域を観光した旅行記です。

ヴァラーナシーでの第一目標は、ガンジス川で沐浴することです。

インド旅行記はこのような方に向けて書いています。

・安い価格(1ヶ月で航空チケット含めて20万円程度)のインド旅行計画をしている方

・数週間~数カ月の長期間インド旅行を楽しみたい方

・格安長期インド旅行記に興味がある方

・デリー→アグラ→ヴァラナシ→ブッダガヤ→ダージリン→ジャナクプル→カトマンズ→ポカラ旅行記を知りたい方

それでは、早速やっていきましょう!

ヴァーラーナシーの宿にチェックインする

アーグラからヴァーラーナシーへは列車で移動したのですが、列車の写真が無かったので割愛します。

ヴァーラーナシーの路地にあった宿にチェックインします。

正直、この宿はインドの格安旅行の中でもかなり良いホテルでした。

・エアコンがある

・蚊がいない(超重要)

・お湯のシャワーが出る

この3ポイントが確保できているだけで、かなり良いホテルです。

特にインド旅行では本当に蚊に悩まされました。

蚊がいると、本当に寝られないんです!宿にチェックインする際には、部屋に蚊がいないか確認すると良いですね。

部屋で着替えを畳む友人

インド旅行では変圧器は必須ですね。変圧器が無いと、スマホの充電ができません。

このホテルでは、廊下の中心に大きい吹き抜けがありました。

吹き抜けの手すり部分でみんな洗濯物を干しています。

この手すりが低くて結構怖かったのですが、宿のオーナーによると・・・。

昔、日本人観光客が酒に酔って転落して亡くなったことがあるから注意してね。

       

という非常に恐ろしい過去があったようです。旅行で酔っぱらうのは注意ですね。

宿のベランダからの眺め

ヴァーラーナシーの路地を観光

ヴァーラーナシーの路地を観光します。

ヴァラーナシーの路地は本当に迷路のようで入り組んでいるので、観光には結構苦労します。

地図は必須ですね。

ヴァラーナシーの路地では、噛みたばこ、服、パンなど色々なものが売っています。

歩いているだけで結構楽しいです。

ヴァーラーナシーを観光していた時は、まだまだ二人ともお腹の調子が非常に悪い状態でした。

そこで、ヴァーラーナシーにある日本人が経営している日本食カフェ「MEGUCAFE(メグカフェ)」に非常に助けられました!

このカフェも地球の歩き方に載っていました。

ここでは、ひたすらお腹に優しい親子丼を食べていました(笑)

ヴァーラーナシーにまた行ったときは是非立ち寄りたい場所ですね。

バナナを安く買うのが上手になった

ヴァラーナシーでも友人と私はお腹の調子が悪かったので、主食はバナナでした。

インドのバナナはねっとりとして甘い小さな房が特徴です。

だいたいいつも、路上のバナナ売りから買っていたのですが、偶然バナナを値切る技術を会得してしまいました。

マツナガ
マツナガ

このバナナ、80ルピーにならない?

       

いつものように値切り交渉です。

このバナナは100ルピー以下では売れないね!!

       

これもインドでは日常茶飯事なのですが、値引き交渉で折り合わない場合が多いです。

マツナガ
マツナガ

そうですか、じゃあ帰ります。

   

別のところで買おうとその屋台を離れようとすると・・・。

待て待て待て!わかった、60ルピーでいい!

   

という感じで偶然安く買えてしまいました。

マツナガ
マツナガ

なるほど、こういう技を使えばいいのか・・・。

    

ということで、偶然バナナを安く買える秘技「フェイント帰り」を体得した私と友人は、この技を各地で多用していくことになります(笑)

ガンジス川を観光

ヴァラーナシーに着いた夜に、ガンジス川を観光します。

インドでは治安が不安なので、夜に観光する時は必ず複数人で行動し、人通りの少ないところには行かないようにしましょう!

この日はお祭りのようなイベントをやっていました。

暗い中でこの川岸だけとても明るく、非常に美しい情景が広がっています。

船がたくさん集まっていて、非常に人が多かったです。

火を使うパフォーマンスが迫力がありました。

異国の夜に佇む

日本を離れて、夜のガンジス川を観光していると、非常に幻想的な気分になります。

ガンジス川で沐浴に挑戦!

ヴァラーナシーに到着した翌日の朝に、ガンジス川で沐浴することにしました!

ひとつ、注意してほしいことがあります。

現地で知り合った日本人に聞いたのですが、気分が上がってしまってガンジス川で泳いだ日本人が、細菌が耳に入ってしまって耳が聞こえなくなったり、目の病気になったりしてしまった事例があるようです。

非常に水質が悪いので当たり前ですが・・・・。

現地の人は普通にガンジス川の水で歯を磨いてますけどね。

ガンジス川で沐浴するのは自己責任で!顔から上は絶対に入らないようにしましょう!

ガンジス川で沐浴する私

パンツ一丁になって、ガンジス川に入ります。

病気になりたくないので、半身浴にとどめておきました(笑)

水が結構冷たくてヒヤッとするのと、水質が予想以上に汚くてビビります。

朝日をバックに友人に写真を撮ってもらいました!

うん、これで満足!

ということで、そそくさとガンジス川からは上がりました。

沐浴後に友人と写真を撮る

まとめ

今日の記事では、インド旅行記ヴァラーナシー編を紹介しました!

インド旅行記ヴァラーナシー編のまとめ

・インドで格安旅行をする時は、宿に蚊がいないかが重要ポイント。蚊がいると安眠が妨害されて、旅のクオリティが下がります。

・インドで物を買うときの極意は「フェイント帰り」。帰るふりをすると、予想外に安く値切れたりします。

・ヴァラーナシーでは日本食カフェの「MEGUCAFE(メグカフェ)」がオススメ!インド料理に飽きたら訪れてみると良いでしょう。

・ガンジス川で沐浴する場合は自己責任で!水質が悪いため、細菌などが感染して病気になってしまうかもしれません。もし入る場合も顔から上は入らないようにしましょう。

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

インド・ネパール旅行に持っていくべきアイテムはこちらの記事を参照してください。

👉 インド・ネパール旅行に持っていくべきアイテム・持ち物9選を紹介!

インド旅行に持っていくべきオススメの本についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【旅行記】インド・ネパール旅行に持っていくべきオススメの本を紹介【エッセイ】

ニューデリーに到着して切符を買うまでに一苦労だった話についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【インド旅行記①】ニューデリー編 【駅周辺は魔窟だ!】

インド旅行記アーグラ編についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【インド旅行記②】アーグラ編【タージマハルとアーグラ城塞】

インド旅行記ブッダガヤ編についてはこちらの記事を参照してください

👉 【ブログでインド旅行記④】ブッダガヤ編【インド鉄道の一等車に乗る】