東消機関紙「東京消防」の本格「ガパオ」レシピを作ってみた!【味付け簡単】

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです。

    

今回は、東京消防庁の職員向け機関紙「東京消防」に載っていたガパオライスのレシピを作っていきたいと思います!

「東京消防」は、関係消防本部にも配布されている場合があるので、東京消防庁の職員でなくても読むことができます。

東京消防には「ムッシュ・イシダのまかないめし」というコーナーがあり、毎回美味しそうなレシピの紹介を行っています。

この中でタイ料理の「ガパオライス」のレシピが紹介されていましたので、今回はそれを参考に、自分流にアレンジして作っていきたいと思います!

それでは、早速作っていきましょう!

この記事はこんな人に向けて書いています

・食事のレシピに悩んでいる方

・簡単にガパオライスを作りたい方

・ちょっと変わったご飯もののレシピを作ってみたい方

材料紹介

材料紹介(2人分、調理時間20分)

【具材】
・鶏むね挽肉・・・300g
・パプリカ・・・1こ
・パクチー・・・数本(好みに応じて調整してください)
・玉子(目玉焼き用)・・・2個
・にんにく・・・1かけ
・鷹の爪小口切り・・・適量

【彩り】
・乾燥パセリ・・・適量

【調味料】
・ナンプラー・・・大さじ1
・オイスターソース・・・大さじ2
・砂糖・・・小さじ1

今回はヘルシーに食べたいので鶏むね挽肉にしましたが、豚挽き肉などでも美味しく食べられると思います。

「東京消防」のレシピでは、大葉を使っていたのですが、今回はパクチーを使います。

オイスターソースは李錦記、ナンプラーはユウキのものを使用します。両方とも美味しくて使いやすいです。

材料の切り方

  • パプリカは3mmの細切りにします。
  • パクチーは4cmくらいのざく切りにします。
  • ニンニクはみじん切りにします。
  • 鷹の爪は小口切りにされているものを買ったので、切っていません。

調理開始

①オイスターソース大さじ、ナンプラー大さじ1、砂糖小さじ1を合わせておきます。

②ティファールのソースパンにオリーブオイルを入れて火をつけ、熱していきます。

オリーブオイルは、油がこぼれにくくて使いやすく、フレッシュで美味しいBOSCOを使用します。

ティファールのソースパンを使ってます。

ティファール、インジニオネオのレビュー記事はこちら👇

③オリーブオイルが温まったら、ニンニクと鷹の爪を入れ、香りが出るまで炒めます。

とてもいい香り!

④次に、鶏むね挽肉を入れ、火が通ってポロポロになるまで炒めます。

⑤鶏肉に火が通ったら、パプリカを入れます。シャキシャキ感を出したいので、サッと炒めれば大丈夫です。

⑥ここで①の合わせ調味料を入れて混ぜ合わせます。

⑦合わせ調味料を入れたら、パクチーを入れて軽く混ぜ合わせたら具材の完成です!

⑧別のフライパンで目玉焼きを2個作ります。今回は半熟で。

一つは黄身が崩れてしまった。

⑨ご飯を盛って、具材を盛りつけ、目玉焼きを乗せたらガパオライスの完成です!

早速いただきましょう!

まとめと感想

今回の「ガパオライス」を食べてみた感想なのですが・・・。

  •  ナンプラーとオイスターソースの旨味で、ご飯がとても進みます!めっちゃ美味しいです。
  •  ニンニクと唐辛子のよい香りがして、食欲が進みます。
  • パクチーの香りが鮮烈!爽やかで非常に合います。
  •  パプリカもシャキシャキで美味しいです。
  • 目玉焼きは、半熟にできたので黄身がトロトロで最高です。
マツナガ
マツナガ

パクチーの香りが鮮烈で、非常に美味しいです!

   

他にもタイ料理のレシピを紹介しています👇

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!