【高さ30mの訓練塔70往復!?】消防学校の生活8月編その③【驚愕の登山ペナルティ】

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです!

       

「消防学校の生活シリーズ」では、私が20年ほど前に消防士に某消防本部の消防士に採用され、某都道府県の消防学校に入校して卒業するまでの7か月間を、当時の訓練日誌などの内容を基に記載していこうと思います!

今日の記事では、30メートル高さの訓練塔を70往復もさせられた驚愕の登山ペナルティについて解説したいと思います。

今回の記事はこのような人に向けて書いています

・消防士になりたい人

・消防士に内定していて、消防学校に入校が決まっている人

・消防学校の生活に興味がある人

それでは、早速やっていきましょう!

夏休み中の私用車運転が教官にバレた!

夏休み明け初日に通常点検でぶっ倒れてしまった経緯については前回の記事で説明したところだ。

夏休み明けの通常点検で熱中症になった話についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【通常点検で気絶!?】消防学校の生活8月編その②

熱中症の余韻も冷めやらぬ夏休み明け初日の訓練後、夕方に教官室へ呼ばれたのだった。

自分が教官室に入室すると、他にも呼ばれた学生たちがいた。夏休みに登山旅行に行ったメンバー達だ。

この時点で嫌な予感満載である。

私用車の運転は禁止されていたのだが、コッソリと車を運転して旅行していたのだ。

私用車の運転が禁止された経緯については、こちらの記事を参照してください。

👉 【消防学校の夏休み】

全員集まったところで、教官が重い口を開いた。

教官
教官

お前たち、夏休み中の旅行で私用車を運転したというのは本当か?

     

教官がこの発言をした時点で詰み確定である。

確実に他の学生からの情報でウラをとっている。

マツナガ
マツナガ

(誰だよ教官に漏らしたやつは・・・。)

     

とか思ってみても後の祭りである。

隠そうとして嘘をついても、ばれたら余計ひどいことになるのは明白だ。

マツナガ
マツナガ

すみません!私用車で旅行してしまいました!!!!

    

ここで学生にできる最善の行動は、潔く認めておとなしくペナルティを受け入れることである。

教官
教官

なんで夏休み前に私用車運転禁止を言い渡したのに、運転したんだ?
事故って懲戒を喰らうのはお前たちだぞ?

       

マツナガ
マツナガ

申し訳ありませんでした・・・・。

      

おかしいぞ。教官が妙に優しい。

教官
教官

これからペナルティを与える。
登山旅行に行ったメンバーは、飲み物と、売店でカロリーメイトを買ってリュックサックに入れてこい。
19時に訓練塔前に集合しろ。

     

訓練塔前に集合なので、何か体力的に厳しいメニューをやらされることは確かだ。

しかし、売店でカロリーメイト買って来いってなんでだろう?

この謎はすぐに明かされることになる・・・。

消防学校の売店の詳細については、こちらの記事を参照してください。

👉 【でっかい大浴場】消防学校の大浴場と売店の解説 【何が売ってるの?】

30m訓練塔を70往復!?驚愕の登山ペナルティ

ということで、カロリーメイトと飲み物をリュックサックに入れて登山メンバーの学生たちが訓練塔に集合した。

この訓練塔は高層建物を模した建物なので、高さ30mもある。

連結送水管を使用した訓練や高所での渡過・降下訓練で使用する建物だ。

連結送水管を使用した訓練や、高所での渡過・降下訓練についてはこちらの記事を参照してください。

👉 【地上30メートルで地獄の救助訓練!】消防学校の生活6月編その②【降下・登はん・渡過】

👉 【消防活動訓練!】消防学校の生活6月編その③【連結送水管・想定訓練・ホースカー】

      

教官
教官

よーし集まったな。おい、マツナガ。お前たちが夏休みに登山した〇〇山は標高何メートルだ?

      

マツナガ
マツナガ

えー、、、、約2000メートルです!!!!!

      

教官
教官

この訓練塔は何メートルだ?

      

ヤバイ・・・

マツナガ
マツナガ

30メートルです!!!!!

      

教官
教官

2000メートルを30メートルで割るといくつだ?

      

マツナガ
マツナガ

約70です!!!!

     

教官
教官

これから登山訓練を開始する!!!!!!!!
お前たちはこれから訓練塔70往復だ!!!!!

     

       

いきなり教官がバチバチに本気を出してきた。さっきの優しさはこの布石だったか!

教官
教官

駆け足で登れよ!
トレイルランニングしているつもりで登れ!!!!

     

こんな鉄筋コンクリート造の建物でトレイルランニングなんかするものかと思いながら必死に30メートルの訓練塔を上る。

30メートルというと10階建てのビルに相当する高さなので、1回登っただけで相当な苦しさだ。

屋外階段だが、8月の夜なので非常に暑い。

教官
教官

勝手に休憩するなよ!!!!
水分補給はこっちから指示するからな!!!

     

しかも水分補給は自由にできないときている。今の時代だったら大問題だが・・・。

班員C
班員C

ハア・・・ハア・・・・・。

         

女子のCは数往復でかなり苦しそうだ。

班員B
班員B

頑張れ!まだまだいけるぞ!!!

        

お互いに励まして登ることしかできない。

登山訓練を開始して40分程度たったころだろうか。ようやく教官から休憩指示が出た。

ちなみに、この時点で訓練塔は10往復程度しかできていない。

教官
教官

よーし、一回下に降りてこい。
休憩時間だ。
登山には楽しい休憩がつきものだからな。

      

それにしてもこの教官ノリノリである。

学生たちは全員ヘロヘロになりながら下に降りてくる。

教官
教官

よし、それじゃあ最初にカロリーメイトを食べろ。
水分補給はカロリーメイトを完食した後だ。

    

カロリーメイトの狙いはこれだったか・・・。

マツナガ
マツナガ

ゴフッ・・・ゴフッ・・・・・。

      

カラカラに乾いた口の中に、パサパサのカロリーメイトがクリーンヒットする。

口の中に水分が無いと、カロリーメイトは飲み込めないということが分かった経験である。

そもそも夕飯を食べた後なので、お腹は空いていないのにこの仕打ちである。

何とか胃の中にカロリーメイトを押し込んで、やっと水分補給が許可された。

みんなものすごい勢いで飲み始める。さながら砂漠でオアシスにたどり着いた遭難者のようである。

教官
教官

水分補給は終わったな?
それじゃあ登山訓練第2部いくぞ!!!

    

マツナガ
マツナガ

はい!!!!!!

     

ということで、当然のごとく第2部が開始された。

10往復程度しか終わっていないので当然と言えば当然である。

この日は自習時間の開始である9時までに20往復弱しかできなかったので、その後4日間は19時からのペナルティ登山訓練が行われたのだった。

本当に2000メートル登山させるまで終わらないのが消防学校のペナルティである・・・・・。

まとめ

今日の記事では、30メートル高さの訓練塔を70往復もさせられた驚愕の登山ペナルティについて紹介しました。

これから消防学校に入校する人や、消防士になりたい人などは参考にしていただけると嬉しいです。

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか?

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

消防学校で必要なものリストはこちらです👇

👉 消防学校で必要なもの10選!

消防学校の一日のスケジュール、食事内容、お風呂・売店などの施設関係のまとめ記事はこちら👇

👉 消防学校の食事・風呂・売店・寮室・持ち物・一日のスケジュールまとめ!

消防学校の生活4月~6月についてはこちら👇

👉 消防学校の生活4月~6月編まとめ!