【シリーズで一番辛い!?】ロイタイ・レッドカレーを使ったレシピ【カルディでゲット】

マツナガ
マツナガ

こんにちは!マツナガです。

   

今日は、カルディコーヒーファームで売っている「Roithai(ロイタイ)レッドカレー」のレシピを紹介しようと思います。

ロイタイのカレーパックを使えば、具材と一緒に煮込むだけで簡単に美味しいマッサマンカレーを作ることができます。

レッドカレー(タイ語:แกงเผ็ด、ゲーンペッ)は、日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理のひとつである。ゲーン・ペッとはタイ語で「汁物・辛い」を意味する。

香辛料やハーブ(ニンニク、コリアンダー、エシャロット、唐辛子、ガランガル、ガピ、コブミカンの果皮、レモングラス)をすり潰したペースト(クルーン)を炒めてココナッツミルクやナンプラー、砂糖、具になる野菜(豆ナス、タイナス)、タケノコ、バジリコ、肉を煮込んで作る。飯や素麺にかけて食べる。

香辛料のペーストに完熟して赤いキダチトウガラシの一種プリック・キー・ヌーを加えているため、赤色となる。タイ国内の食品会社によって既製品のペーストがレトルト食品の形で商品化されており、海外にも輸出されているため、タイ国外でもよく知られ、ココナッツミルクと具を加えるだけで手軽に調理できるタイ料理のひとつとなっている。

出典:Wikipedia

レッドカレーの赤色は、トウガラシの色です。

結論から言うと、ロイタイシリーズの中で一番辛かったです!!

マツナガ
マツナガ

辛い物好きにはめっちゃオススメできます!

味も非常に美味しいです! 

                      

カルディコーヒーファームでよく売っているほか、Amazonなどのインターネットショップでも手に入れることができます。

今回はこちらのロイタイを使って、簡単にレッドカレーを作っていきたいと思います!

それでは、早速作っていきましょう!

この記事はこんな人に向けて書いています

・簡単にレッドカレーを作りたい方
・タイカレーを食べたい方
・食事のレシピに悩んでいる方

材料紹介

材料紹介(2人分、調理時間15分)

【具材】
・冷凍エビ・・・6尾
・シイタケ・・・2
・玉ねぎ・・・1/2個
【カレー】
ロイタイ「レッドカレー」・・・1パック
【彩り】
・乾燥パセリ・・・適量

今回は簡単に冷凍エビを使っていきます。

材料の切り方

  • シイタケは3mmくらいの細切りにします。
  • 玉ねぎは5mmのくし切りにします。
  • 冷凍エビは解凍しておきます。

調理開始

ロイタイのパッケージには、「具材を炒めてから煮込むとより一層美味しくなります。」と書かれているので、今回は具材を炒めて調理することにします。

今回はお米はガス炊きにします。

①ティファールのソースパンにオリーブオイルを入れて熱します。

オリーブオイルは、油がこぼれにくくて使いやすいBOSCOを使用。

ティファール、インジニオネオのレビュー記事はこちら👇

②ソースパンが温まったら、玉ねぎ、しいたけを入れて、全体的にしんなりするまで炒めていきます。

このくらいでOK

③エビを入れます。

④エビを入れたら、すぐにカレーを入れて煮込んでいきます。

ロイタイのパッケージはハサミじゃないと開封できないので注意してください。

カレーを入れます。

カレーを鍋に入れたら、蓋をして5分~7分煮込みます!これでカレーは完成です。

超簡単ですね。

煮込みはこれでOK!

⑦ご飯をお皿に盛って、彩りのパセリをふって、カレーを器に盛ったら完成です!

それでは、早速食べてみましょう!

まとめと感想

今回のロイタイ「レッドカレー」を作って、食べてみた感想なんですが・・・・。

  • これはかなり辛い!同じロイタイシリーズのグリーンカレーより辛いです。
  • グリーンカレーは、しばらく経ってから「あっ辛っ!!」という感じなのですが、このレッドカレーは口に入れた瞬間辛いです。
  • 辛い物が好きな人には非常にオススメです!
  • ココナッツミルクが入っているので、口当たりはなめらかです。
  • エビと玉ねぎ、シイタケにカレーの旨味がしみ込んでいて、味は非常に美味しいです。

ロイタイシリーズすべてに言えることですが、本当に「レトルト感」が全く感じられません。

正直に美味しいです。

マツナガ
マツナガ

辛い物好きには非常にオススメ!味もとても美味しいです。

    

ロイタイ・グリーンカレーのレシピ記事はこちら👇 

ロイタイ・マッサマンカレーのレシピ記事はこちら👇 

ロイタイ・イエローカレーのレシピ記事はこちら👇

ロイタイ・レッドカレーを作るときのポイント

・煮込む前に具材を炒めると、より美味しくなります。

・今回はエビを入れましたが、鶏肉やパプリカ、ナスなども合うと思います。

・かなり辛いので注意!!!

といったところで今日は終わりです。

本日の記事はいかがだったでしょうか。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!